不動産.net

所有物件の適正価格を知るなら不動産鑑定サービスを利用しよう

まずは不動産の定義について知ろう

不動産は個人の所有物件をはじめとして公的な土地など様々なものが該当します。不動産とは一体どんな財産なのでしょうか?鑑定サービスをが必要な理由とは?そういった点についてまとめています。

新着情報

不動産鑑定で失敗しない心がけ

経験実績が豊富な専門家を頼る

今までの不動産の取り扱いなどの経歴がハッキリとわかる人や長期にわたる実務経験の有無がそのまま鑑定士への信頼になります。詳細な案件にに関する実績を公開しているような専門家を頼りましょう。また依頼主のプライバシーを保障してくれるような専門家も信用できます。

柔軟性の高い対応をしてくれる

全国どの箇所の不動産でも柔軟に対応してくれる、必要に応じて別分野の専門家を紹介できるなどの高い対応力を発揮してくれる鑑定士を選ぶことで失敗するリスクを下げてくれます。依頼主のパーソナルな問題に配慮したアドバイスをしてくれる鑑定士を選ぶことも重要です。

担当者を信頼して依頼内容をしっかり伝える

不動産鑑定評価には特に配慮したなくてはなりません。ここで依頼目的と依頼内容に齟齬があっては後々のトラブルにつがなる可能性もあるので鑑定士との打ち合わせでは少しの疑問も残さないよう綿密なコミュニケーションを心がけましょう。

迅速な相談とこまめな連絡をしよう

不動産鑑定評価書が請求される際は、早急な提出が求められる場合があります。相続や融資などの場合は提出期日が定められている場合がほとんどです。書類作成が遅れないためにもその旨も依頼時に説明する必要があります。また請求された時点で迅速な相談をすることも心がけましょう。

分かりやすく細かい説明をしてくれるところを選ぶ

依頼する立場と調査をする関係とはいえど、信頼関係や細かな連絡を心がけることは大切なことです。また誤解によるトラブルを避けるためにも鑑定士が親身になってわかりやすい説明をしてくれることなどにも留意しましょう。

依頼事務所さがしで選ぶポイント

no.1

複雑でジャンルの広い依頼内容でも大丈夫

近年では不動産にかかわる時価価格や債券などの問題によって鑑定に対するニーズは多くなり依頼内容も複雑化しています。また投資として証券化することも多くなりました。そこで幅広い依頼内容に対応できる事務所を選ぶ、という声が最も多く第1位になりました。

no.2

鑑定評価書がどれだけスピーディに発行できるか

「裁判で権利の主張をする証拠として必要」、「担保にして融資にしたいなど」、依頼主の状況によってできるだけ早く鑑定評価書が必要な場合があります。そういった事情がある場合はスピーディな仕事をしてくれる事務所が重宝されます。そのようなニーズから「鑑定評価書の発行の早さ」が2位になりました。

no.3

分かりやすくて信頼できる鑑定書類を作成してくれるか

必要とされた際の不動産鑑定書というのは裁判所、銀行、投資家など多くの人間の目に触れることになります。そのため鑑定書は誰が見ても納得しうるもので信頼できるものが好ましいとされています。依頼主自身の信頼を損なわないためにも作成書類の正確性と分かりやすさに配慮した事務所選びが重視されていることがわかります。

no.4

鑑定評価の料金がリーズナブルなのか

不動産鑑定にかかる費用の相場などを熟知している一般の人は少ないといっていいでしょう。実際、不動産の鑑定にかかる費用はまちまちで一律で価格設定をすることが困難とされています。そのために依頼内容を正確に把握し、リーズナブルな費用を提示してくれるのかどうかも事務所選びの判断基準になっているようです。

no.5

今後も利用したくなるような事務所かどうか

不動産鑑定でみても横浜をはじめとして、全国にはいろいろな事務所があります。最寄りの事務所を利用するという手もありますが、ほとんどの事務所は全国内の不動産観に対応しています。ですのでその都度、新規の事務所を利用するのではなくリピートできる事務所を見つけることができれば事務所選びに迷う必要がなくなる、と考える声は意外と多いようです。

不動産鑑定のサービス内容

家と虫眼鏡

鑑定サービス

不動産鑑定で基本的にどのような業務をこなしているのかについてまとめています。また実際に合ったお客様に対するQ&Aについても紹介しています。今後利用することを検討している方は参考にしてみて下さい。

READ MORE
女の人

鑑定の手順

個人で不動産鑑定を利用する際にどういった手順で依頼をするのかなどについてまとめたものです。また個人や民間で不動産を所有している場合に不動産鑑定とはどういった立ち位置なのかなどにつても紹介しています。

READ MORE
レディ

不動産セカンドオピニオン

不動産鑑定にもセカンドオピニオンがあります。どういた活用法なのかをしっかりと知り自分の財産を正しく把握しておきましょう。またどういった状況で利用するのが好ましいのかなどについても紹介しています。

READ MORE

不動産取引で失敗しないための注意点を知ろう

ウーマン

不動産鑑定評価とはなに

不動産鑑定評価とは鑑定評価をもとに経済価値を金銭に換算する見積もり行為全般を指した行動です。しかし法律上、不動産鑑定業と定義されていない者がこれに類似した行為を行うことは違法です。不動産は取引市場が限定されていて土地の適正価格を求めようとする場合は正常な市場価格を不動産鑑定士が的確に提示することが必要とされています。

不動産ってこんな財産

土地というものは日常生活・経済活動にとっての基盤ですが、通常の財産とは異なる性質を持っています。土地は埋め立てなどの例外を除いて新規に作り出すものができません。しかし土地の需要は利用形態に伴い変動するものです。この「新たに生産できない」「全く同じものが存在しない」という点で時価を成立させるのが困難とされています。不動産とは財産として複雑で不安定な財源なのです。

不動産鑑定評価制度が必要な理由

不動産市場は不安定で適正価格を知る為には専門的な知識が必要とされます。そういう点で不動産において適正価格で公正な取引をするためには、体系的な知識や技術に精通した専門家の鑑定評価に頼らざるを得ません。それが不動産市場で不動産鑑定評価制度が必要とされている理由です。

公的土地評価制度

国や公共機関が行なっている土地の評価のことを公的土地評価制度といいます。大きく分けると地価公示・都道府県地価調査・相続税等評価・固定資産税評価の4つに分けられます。こちらも鑑定士が不動産鑑定評価をすることで成立している業務内容になります。

不動産鑑定評価に関する様々なニーズ

昨今では個人でも不動産鑑定の業務に求める内容が多様化しています。不動難を現物出資する場合や土地活用をするうえでの運営方針の相談から証券化したものから投資としての土地運用など、その依頼内容は多岐にわたります。そういった不動産に対する資産としてと性質が複雑化していることも相まって、今後も不動産鑑定に関する需要をはたかっていくと考えれています。

広告募集中